FC2ブログ

木を切る音を聞きながら

一番高いのは樹高20メートルもあっただろうか。
若葉の頃はサヤサヤと涼し気で、花も咲く。


秋。
黄色く色づいた樹々は、美しかった。
近くのユリノキの話。


ヴァーンヴァーンと音がした。
あれは何という機械なのか、ユンボー?アームがグーンと伸びて、
その先端の箱に乗った作業員が、バッサバッサと枝を切っている。
葉が落ちて裸になった木が3分の2のほどの高さになってゆく。


嵐の強風にも大きくしなって折れなかった木が、
切られてゆくのを見ていると、痛々しい。


そばのケヤキもずいぶん大きくなって、
夏場は涼しい木陰を作ってくれるが、
落葉になる今頃は、お掃除の人達が大変だ。


時々古くなった枯枝が落下している。
今のところ頭を直撃された人はいないが、
これとて通行人がキケンと通報したら、
あのキカイを運んできて伐採しなければならないだろう。


街中の樹木、特に街路樹は、
道路の事情でいつ根こそぎ抜き取られるやも知れず・・・・。


クリスマスに使うモミノキは1度使うと捨てられる運命だとか。
飾り付けにジャマな根を切って出荷するから、
植えたところで枯れてしまうんだそうな。


私がヤキモキしても、ため息をついても、何も変わることはない。
せめて植栽理事の任期中、このマンションの花木だけでも、
精一杯の心を寄せていたいと思っている。

(玉麗)

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1857-af33c7d0

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索