FC2ブログ

冬の信州から

長野県伊那市に知人がいる。
玉雲先生御存命の、全日本水墨画展が華やかなりし頃のこと。

祝賀パーティで知り合った里美さん。
長野から毎年10名以上の弟子を統率して参加する先生がいて、
その一行の1人であった。

私は、玉雲先生の直弟子といっても末席で、
隅の方でチンマリしていたように思う。
里美さんは気さくに声をかけてくれて、以来の付き合いだ。

年賀状のやりとりと、個展の案内状などを出す。
すると必ず返信がある。
ズッシリ重たい荷物の中に手紙が入っていて、
いつも楽しく読ませてもらう。

箱の中身は野菜や果物で、
実家から来ましたと言いたげな顔をしてつまっている。

私のことを“玉麗ちゃん”と読んでくれるのは、里美さんだけだ。
ある時の絵はがきに、
“玉麗ちゃ〜〜ん お元気!”と書いてあった。
以来、わが家では里美さんのことを“玉麗ちゃ〜〜んのヒト”と呼ぶ。

201411221.jpg

今回のサプライズは写真の白菜。
威風堂々、切ってしまうのが惜しいような傑物。
毎日食べても1週間はもつンじゃなかろうか。
おもちとゆずも入っていた。
明日はお鍋ですネ。

伊那はもうすぐ雪だろうか。
紅ドウダンの赤が燃えるように美しいとのことであった。
行ってみたいナァと思う。
思いながらも実現しないまま、雪の降る町を想像している。

(玉麗)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1846-f764d821

Comment

スマイル | URL | 2014.11.22 20:17
いいですね、野菜の贈り物。私も近くの農家の知人から野菜、今日も大根人参、また先日は大きな白菜を、
我が家も2人暮らし、大根を煮物にしたら1週間は持ち夕食に出て、でも野菜は有難い戴きものですね。
雪 | URL | 2014.11.23 18:12
新鮮な野菜とお茶(の葉)は本当にうれしいです。
どちらも毎日頂くものなので何よりありがたいです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索