FC2ブログ

夜がおわり、朝がくる

よく、「明けない夜はない」といいます。

その通りですね。

太陽が沈み、デイダラボッチが徘徊する夜は、

やはりなんらかの魔界的な要素を持っている。

魔界に属することのない我々ほとんどの人間は、

夜にものごとを深く考えたり、出歩いてはいけないのかもしれません。

つらいのをこらえ、ただ眠る。

数時間もすれば、朝はかならずやってくる。

太陽の下では、悩みというものは姿をかえるのです。

DSCF5572.jpg
デイダラボッチ・・・こういうやつですね。(詳しくは、「もののけ姫」をご覧下さい)



UVカットをして、おひさまに挨拶をしよう!


(雪)

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1711-ac5c0d13

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索