FC2ブログ

1個の魅惑

****** お知らせ ***************************

*現在、水墨画・墨彩画「玉麗会」のホームページはリニューアル中で、訪問できません。
 お手数ですが、お問い合わせ先は下記まで直接メールで
 よろしくお願い致します。

 お問い合わせアドレス:info@gyokurei.com


***************************************


かんきつ類に蜜が入る。
これはとても珍しいことなのか、
それとも1本に1個だけ、大切に育てあげればこうなるのか。

私はとにかく初めて食べた。

DSCF5160.jpg
(甘夏の花)

わが家にある高さ1メートルほどの甘夏柑に成った、大玉ひとつ。
そろそろかなと思いつつも何となく惜しくてもぎ取れなかったものが、
鉢を移動する際、ボタッ と大きな音を立てて落ちた。

どれぐらい大きかったかというと、扉は開けてあったものの
1ツ部屋を挟んだ隣にいた娘の耳にも、その音が届いたほどだ。

DSCF5158.jpg


なにしろ重さ500gもあった。
そしてその味、まるで蜜の入ったりんごのような、
いやみかんだ。
りんごではない。

DSCF5164.jpg


とにかくこんな味、食感の夏みかんは大げさに言えば前代未聞、
あまりのおいしさにワッと言ったきり、次の言葉が出なかった。

DSCF5163.jpg


蜜は袋の中央に、ちょうど木から滲み出た樹液のような色と形で
くっついていた。

DSCF5162.jpg


りんごの蜜を腐っていると勘違いする人がいると聞いたが、
みかんの蜜も、エッ大丈夫?と一瞬思ってしまった。

蜜の言葉から想像するのは、“甘い、トロリ” としたもの。
わが家の甘夏も、それに近い。
ツブツブがはじけて口の中に広がるとトロッと感じる。

しかしこの口福、いかに伝えたところで1個しかないのだ。


(玉麗)

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1631-bbb0cfa4

Comment

スマイル | URL | 2014.04.30 06:21
すごいですね!普段何気なくスーパーで買い口にしますがそんな食感はしていません。
また来年も実りますように。
雪 | URL | 2014.04.30 18:36
果実にしろ野菜にしろ、家で作ったものは
スーパーのものとぜんぜん違いますね!
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索