FC2ブログ

草取りは楽しい?②

****** お知らせ ***************************

*現在、水墨画・墨彩画「玉麗会」のホームページはリニューアル中で、訪問できません。
 お手数ですが、お問い合わせ先は下記まで直接メールで
 よろしくお願い致します。

 お問い合わせアドレス:info@gyokurei.com


***************************************


「イエ、アノ、抜いてしまいたい草なので・・・」


リュックを背負い、軽快な旅の人スタイル、60代ぐらいだろうか。
マスクをしているのでよくはわからない。

どうやら、オニタビラコを可愛い花だと思って取ろうとしているが、
届かないようなので手を貸してあげようと思ってくれたらしい。

歩く方角が同じだったので、少しだけ説明することが出来た。

「そうか、優しいお母さんだね」

50メートルほど一緒に歩き、“ご親切に、ありがとうございました”
と言って別れた。


つまり、私はこう説明したのだ。

あの草は綿毛を飛ばします。
ウチの娘は花粉症で、浮遊物に鼻を刺激されるとクシャミを連発します。
かわいそうなので、全滅は出来なくても見つけたら抜いています。


わがマンションの花壇に根を下ろされては困る云々は、省略した。
“50メートル同伴”では、言う間もない。

私は帽子を被っていた。
後からなら若く見えたろう。
振り返っても、薄色のサングラスをかけていたから、見誤ったとも考えられる。


ハ、ハ、ハ。

優しい紳士と花を摘む女性のオハナシでした。

(玉麗)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1629-a61d7b02

Comment

スマイル | URL | 2014.04.26 06:24
やさしい紳士と花を摘む美女のお話、こんな出会いから、ッ物語が始まる・・・   
そんな展開になればいいですね。ひよっとして・?
雪 | URL | 2014.04.27 20:39
草取りの必死の形相に驚いていないか心配です。
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索