FC2ブログ

アヤメ・ドクダミと格闘

****** お知らせ ***************************

*現在、水墨画・墨彩画「玉麗会」のホームページはリニューアル中で、訪問できません。
 お手数ですが、お問い合わせ先は下記まで直接メールで
 よろしくお願い致します。

 お問い合わせアドレス:info@gyokurei.com


***************************************


アヤメ科目、アイリス属、多年草。

アヤメ、ハナショウブ、アイリス、カキツバタ、イチハツなど、
この種の花は、水墨画では定番の題材である。

一見簡単に描けそうで、これほど難しいものはない。
四君子(梅、竹、蘭、菊)よりずっと難易度が高い。

何しろ、ヒラヒラしている花の部分が3枚しかない。
そのくせ、ヒラヒラにくっついているのや、立ち上がっているのが
3枚ずつ、6枚ある。

このバランスをどうとるか。
出来不出来はそれにかかっている。

さらに、ピンと勢いのある葉、蕾など、
これら全部を完璧に意のままに描けるまでには、
??年かかる?

作品に今更ながら四苦八苦。
描きごたえ十分であった。

50枚描いて、マアこんなもんかと思えるのが3枚出来上がったが、
もう1回取り組もうと考えている。


なのに息抜きに花壇の草(ドクダミ)をスコップでほじっていたら、
手袋をつけていたにもかかわらず、
右手の平が一皮むけてしまった。

これしきのことで弱音を吐く訳にはいかないと思いつつも、
ナントマア、ヤワな。


制作に行き詰まったり、疲れたりすると
花の世話をして体を動かせるとリフレッシュできる。

しかし、大切な右手は痛めないよう、
以後気をつけねばと反省している。


(雪)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1615-68b692b3

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索