FC2ブログ

逝く春

****** お知らせ ***************************

*現在、水墨画・墨彩画「玉麗会」のホームページはリニューアル中で、訪問できません。
 お手数ですが、お問い合わせ先は下記まで直接メールで
 よろしくお願い致します。

 お問い合わせアドレス:info@gyokurei.com


***************************************


どこへ行っても桜が満開の季節、藤井寺教室でのこと。

娘が手本を描いている間、
近所の八百屋さんで野菜を買うのを楽しみにしている。

その道すがら、民家の庭に垂れ下がるように咲いている
海棠桜(かいどうざくら)に思わず見とれてしまった。




年齢によって桜の見方も変わってくる。


ソメイヨシノの花トンネルを初めて見た時は、いくつだったのか。
孤高の人生にひどく憧れたものだ。


八重桜に出会った最初はまだ若かったので、
華やかだけど・・・と少し否定的であったのを思い出す。


しかしその後、年を重ねるにつれて、その重厚さに圧倒されるようになった。
やはり美しい。


色・姿ともにあでやかに、見る者の心を奪ってしまう。
完全無比の佳人に対面した時のように、
賞賛の声すら失ってしまいそうだ。


海棠桜は、さんざめく乙女達と言えばいいだろうか。

枝垂桜が7部咲きの頃は、恥じらう少女達と表現したが、
昨今はそんな少女達に会ったことがない。






姉と姪を連れて、先日行った帝国ホテル周辺へ花見に行った。
すでにソメイヨシノは桜吹雪に近い状態であった。


八重桜が何本か見頃を迎えていて、
姉達はさかんにケータイでカシャカシャ。


私よりひとまわり以上も年上なのに、
世の流れに逆らわず、ケータイを使いこなす?姉を見て感心した。

いやいや姉が普通で、
ケータイを引き出しに入れたままにしている私の方がヘンなのだ。
きっと・・・・・。

でもちっとも不便じゃないのはどうしてなのか?
マア どうでもいいことではある。


桜が春の象徴ならば、今まさに名残を惜しむ時。
初夏がすぐそこに控えている。

(玉麗)

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1609-e5e30aad

Comment

スマイル | URL | 2014.04.07 06:40
玉麗先生がネギやゴボウなどビニール袋を提げて教室に帰ってこられる姿を何度か
 目にしていますが、どうもしっくりしなくて、私の中の玉麗先生のイメージと
別の印象ですが、にこにこと”今日も満足”という顔をしておられますよ。
雪 | URL | 2014.04.07 20:15
月一回の藤井寺での買物がとても楽しみらしいです。
いろんな顔を持っているようですよ!
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索