FC2ブログ

説明書を読みますか? その2

****** お知らせ ***************************

*現在、水墨画・墨彩画「玉麗会」のホームページはリニューアル中で、訪問できません。
 お手数ですが、お問い合わせ先は下記まで直接メールで
 よろしくお願い致します。

 お問い合わせアドレス:gyokurei.s@gmail.com


***************************************


私は、ほとんど説明書を読まない方です。

機械系ならいろいろいじってみて、
やれるところまでやってみます。

デジカメやスマートフォンなどは
それである程度は使えます。


皮肉なもので、
たくさんついている機能はあまり活躍せず
手探りで使っている範囲で十分と思えることが
多いのです。


もっと深く追求したくなったら、いろいろ調べてみるのが
よいのかもしれません。




逆に、
絶対、説明書に従うものは、お菓子類を作るとき。

料理は、おおざっぱでもなんとなくいけるもんですが、
お菓子は・・・・・材料の配合や手順を少し間違えただけでも
確実に失敗します。

私にとって、お菓子づくりは科学の実験のような感じです!






エクササイズなどの運動系。
最近は本だけでなく、指導者自らが実演するDVDなどもありますが
細かいところまではわかりません。

私の仕事である、水墨画・墨彩画に関する書籍も
たくさん本屋さんで見かけます。

ですが、運筆の説明を字で読んでみても
イマイチよくわからないものです。


ヨガの先生をしている友達によると、
ちゃんと生徒のポーズを見て、実際に体に触れて、
「ここを伸ばしましょう」などと指導するのが大事だそうです。


そうですね、運筆も同じ。
私も指導する時には、
「まず描いてみて下さい」とその人の運筆を見るようにします。
でないと、ここはこうして下さいと正すことはできないものです。


本やDVDを見てなんとなく見よう見まねをしてみるものの
果たして自分がそれを正しく使えているのか。
それを確認する手段がありません。


・・・・・ケーキなら失敗するのですぐわかりますが!


やはり実際に先生のやり方を直接確認して、
さらに自分のやり方を先生の見てもらうのが
上達の近道かもしれません。



(雪)



にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1590-39a5e958

Comment

スマイル | URL | 2014.03.20 20:32
説明書のことは昨日も描いた通り。墨彩画のえがきかた、筆運び、これらは先生からいかに盗み出すか、これに賭けています。
雪 | URL | 2014.03.21 18:36
私もはじめのころ(今でも)母の運筆をじーっと見ていました。
いつだったか教室で、「雪先生、玉麗先生と手つきがおんなじ!」
と言われたときの驚きとうれしさを、今でも覚えています。
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索