FC2ブログ

ジョニー・デップと水引草

近所のギャラリーブティックで、水引草をもらった。
先日持ってきたハコネガマズミと組み合わせて、
5号サイズの絵を描いた。

来秋の手本に使おう。
植物だけでは物足りない。
写真集を見る。

そうだ、かげろうをとまらせよう。
季節的にはちょっと?かもしれないが、
かげろうの漢字は、蜉蝣。
蜻蛉とも書く。(「蜻蛉日記」)

が、これはトンボと読んでもよい。
ややこしい。
ゆえに、トンボとカゲロウは兄弟みたいなものと思ってよい。
自説である。
(カゲロウの成虫は普通、春から夏に現われる。)

絵を描く時は、モデルについていろいろ調べる。
墨彩画は日本の四季を写し取る絵であるから、
あらゆるものについて調査が必要となる。

手を抜くと、シマッタ!と思わねばならぬハメに陥るので
気が抜けない。

さて、友人の店へ久し振りで行くと、
「カリビアン 見ましたョ」と友人の妹が言う。

友人も、
「もうハマッてるネン。
“ショコラ”や“スリーピーホロウ”も見たョ」と。

いずれもジョニー・デップの映画の話。
娘が「ウチにはポスターもあるンですよ」と応じる。
「うわっ 恋ガタキやねェ」

早速ビデオ屋さんへ走り、上記のCDを借りてきた
感想を言うと、見ない方がよかったかナ。

今をトキメくジョニー・デップと言われても、
私にはピンと来ない。

今夏、彼が演じた“キャプテン”ジャック・スパロウに夢中になった。
けれど、よーく考えてみると、他の映画は見たことがなかった。

それに、素顔は写真ですら拝見したことはない。
私の中では、ジャック・スパロウのみ生き生きと活動する。
ジャック・スパロウ=ジョニー・デップなのだ。
他の人になったジョニー・デップなど、知らんヒトである。

結論、
「パイレーツオブカリビアン」の“キャプテン”ジャック・スパロウが
大変気に入りました。

蛇足。
ジョニー・デップと水引草についての相関関係は、ナイ。


プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索