FC2ブログ

説明書を読みますか? その1

****** お知らせ ***************************

*現在、水墨画・墨彩画「玉麗会」のホームページはリニューアル中で、訪問できません。
 お手数ですが、お問い合わせ先は下記まで直接メールで
 よろしくお願い致します。

 お問い合わせアドレス:gyokurei.s@gmail.com


***************************************


説明書、マニュアルのたぐいがどうも苦手です。

機械の操作でも何でも、やっていて「わからない」場面になったら、
その「わからない部分」のみをサッと知りたい。
と思うのが人情ではないでしょうか。

通常、説明書というものは、まずいちからの説明で、
どこまで読めば、自分の「わからない部分」に到達するのかが
わからない!


そして、
いちからの説明のはずなのに、
本当にからっきしわからない時には、
役に立たないことが多いです。

サラリと、「まずナントカをクリック」

などと言われても、その「ナントカ」がどこにあるのかわからない。

「メニューバー」にあります、と言われても、
だからその「メニューバー」ってどこですねん?!
となってしまいます。


まず電源の場所から教える、などと言いますが、
まったくわからないというのはそういうもんですよね。


説明書を作る人は、説明している対象物に対して
熟知しているプロだとは思いますが、
「説明するプロ」であるのとはまた別問題です。


代表的なのが、学校の先生かもしれません。

豊富な知識で、すごく頭が良くても、
それをわかりやすく教えるのは至難の業・・・
知識をそのまま生徒にぶつけてみても、
興味がわかないし、ちっともおもしろくないものです。


だから独自のユニークな教え方をする予備校の先生が
人気なのかも。


(雪)



にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1589-c84a2a83

Comment

スマイル | URL | 2014.03.19 14:49
全く同感です。説明書、これはすぐに片付ケてしまい手当たり次第に操作をして
どうにかさまになっています。そしていよいよこまったとき 取り出してきて・・・
 
雪 | URL | 2014.03.19 21:10
まず動かしてみたほうが良いですね。
いきなりコワレルこともないでしょうし。
読んでもサッパリ頭に入ってこなくて・・・
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索