FC2ブログ

あのときの私

****** お知らせ ***************************

*現在、ホームページはリニューアル中で、訪問できません。
 お手数ですが、お問い合わせ先は下記まで直接メールで
 よろしくお願い致します。

 お問い合わせアドレス:gyokurei.s@gmail.com


***************************************


1995年1月17日。

その日の大阪。

私の住む場所は揺れがほとんどなく、

早朝だったのでとにかく驚いて恐かったけれど、

ケガもなく無事でした。



だけど、時間がたつにつれ次々に入ってくる

あらゆる被害の情報に、この世の終わりがきたのかと思うような

恐怖感を味わったことを覚えています。




神戸方面に住む親戚に、ガスボンベを届けに行きました。

親戚の住むマンションはひびが入り傾いて、

危険な建物とされて住めない状況でした。







2011年3月11日。

その日の大阪。

私の住む場所は阪神大震災よりもっと揺れが少なく、

ただ大阪は地震自体がとても少ないので、それでもやはり恐い思いをしていました。




19年前より情報の伝達は早く、

19年前とは違う被害の大きさに、今度こそこの世の終わりを告げられたような

恐怖感以上の打ちのめされたような喪失感を味わった記憶があります。



それは、うまく説明できないけれど、

安易に感情をくちに出せない初めての感覚でした。








阪神大震災から、19年。

東日本大震災から、3年。



私は私自身を守り、そして私の大切なものを守ってゆけるだろうか。



いつも危機感を失わないよう、

心にとどめておきたいと思います。


(雪)



にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1582-263117a8

Comment

スマイル | URL | 2014.03.13 07:14
私にとっても阪神淡路大震災、東日本大震災、ともに今なお鮮明な記憶に残りその後の
復興のもどかしさには連日のニュウスに大いに怒りも感じたものです。わが身に振り替えて考えます。
雪 | URL | 2014.03.13 20:25
何より記憶からうすれ、風化されることが怖いです。
どんなかたちであれ、真実が正しく知らされることを
ねがっています。
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索