FC2ブログ

頭の体操

****** お知らせ ***************************

*現在、ホームページはリニューアル中で、訪問できません。
 お手数ですが、お問い合わせは下記まで直接メールで
 よろしくお願い致します。

 お問い合わせアドレス:gyokurei.s@gmail.com

***************************************


あごう・さとし先生の授業は、
前回に続いて “ いかにうまく嘘をつくか ” 。


実際にはない道具、ものを登場させ、リアルな説明で
いかにもそれが “ あった ” あるいは、 “ ある ” ように思わせる。
文章を練るにあたって、頭を柔軟にさせる訓練のひとつである。

前回に出た宿題をめいめいが発表し、その後先生が寸評を述べて拍手となる。


昆虫ブローチを作る糸と針、
ねずみの食器、
ちぢれ毛をなおす板、
江戸時代の株式市場、

その他いろいろな珍品が登場し、
その説明文もけっこうおもしろいものであった。


私とはいえば、なにしろ創作に追われている。
文章の方ではなくて、本業の絵の。

で、その宿題を当日まで忘れていた。

心斎橋へ行く前に、さわりの部分だけ書いた。
後は教室で書こうと、気楽に考えて出かけた。


早く着いたのに、まわりの人としゃべっていて、そのうち先生登場。

「宿題出来てます?前に出てボードに題を書いて、読んで頂きます」


私は3番目。
書けていなかったから「立っときなさい」とは言われなかったが、
後で見ますとおっしゃる。

時間を超過するのも申し訳ないから、
終了の挨拶の後、提出せずに帰ってきた。


隣の人の話では、講評を頂くには1万円費用がかかるらしい。
授業関連だと無料だから、提出しないともったいないと。

なるほど、これも知的財産に関する話だ。

この件については、又、次回に。

(玉麗)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1577-7602207c

Comment

スマイル | URL | 2014.03.11 07:19
先生の意欲の深さに敬意を。作文程度の文を書く私も気持ちを素直に描く程度しかありません。
雪 | URL | 2014.03.11 19:20
絵も文章も似ていますね。
継続するのが大事で、それによって
少しずつ技術が身につくのだなあと思います。
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索