FC2ブログ

クモとヤモリ

“ピョンキー”と名づけてもらったクモが、どこからか又現われた。

たぶん夏の間は外の方が豊富にエサとなる虫がいるのだろう。
エアコンが苦手なのかもしれない。

シラヒゲハエトリグモ?の一種だと思うが、
わが家のリフォーム後1年ぐらいしてやってきた。

このクモは小さなゴキブリを食べると誰かに聞いてから、
澁谷家のアイドルになった。

ただし風太は犬なので、そんなことを知るよしもない。
動くものを追いかける習性に忠実である。
風太に見つかると、ピョンキーはかわいそうなことになってしまう。

わが家には3匹ぐらいが棲んでいるようだ。

娘の眼で確認すると、模様が微妙に違っているので、識別出来るとのこと。
個体に名前はない。
すべてピョンキーである。

1週間程前、玄関でヤモリと出合った。

彼は風太が近づくと、びっくり仰天。
手足が空回りするぐらい慌てて逃げ出した。
と言ってもマンションの廊下なので、体を隠す所はない。

アッ消えた!と一瞬思った。
階段にピタッとくっついて、動かない。
そうしていると、コンクリートによく似た色の体は人の眼も犬の眼も誤魔化せる。
保護色の忍者だ。

手の平にのせると、5センチほどのチビちゃん。
大きな眼、手のウラについた吸盤。
キモチワルイと言う人もいるが、なかなかキュートな生きものである。
この子達も虫を食べてくれる。

このマンションも築15年以上になる。
リフォームして美しくなった上、
ヤモリ(家守)が住んでいるなんて素晴らしい。
チビヤモリはわが家の物置のかげへ放してやった。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索