FC2ブログ

ひとコマ

1日1回はマッサージチェアのお世話になる。
娘と息子の代わりに肩を揉んでくれる、無言のすぐれもの。

私はひょっとして、都会の騒音に疲れているのかもしれない。

他人とのいさかいを避けるため、無意識のうちに
人間はお世辞を言い合う、気を遣い合う。
そんなことにも少々疲労を覚えているのだろう。
だからなおさらに、このもの言わぬ機械が有難い。

とまあ深刻そうなことを書いてみても、無人島にでも行かぬ限り
1人になることはないのだから。
(又そうなると寂しさに狂ってしまうということも、考えられる)

賑やかな時間があって、その合間は静かに過ごすことを
心がければよいのだ。



「消防署のまんじゅしゃげ、まだ花芽が出ないナァ」
「でももうすぐお彼岸やし、お彼岸に咲くという運命なンヤで。あの花」
「運命デスカ。あそこの花クリーム色やろ、洋花やで。
『私はリコリスやもン、もっと涼しくなってから咲くヮ』
なーんて思ってんのンちがうやろか」
「日本に来たら、日本の慣習に従わナあかんヮ」

教室の帰り道、車から見えるものを話題に、
娘とおしゃべりをする。

愉快な話をしてくれると、涙が出る程笑ってしまう。
何の話で盛り上がったのか、すぐ忘れるけれど
私の人生の大切なひとコマではある。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索