FC2ブログ

スズバチは左官屋か?

先日ブーゲンビリアの鉢を移動したら、

ン? こりゃなんじゃ?

としげしげ見てしまう造形物があった。


触ってみると固い。



ア、ハチの巣!

そう思ったとたん手を引っ込めた。
といって、どこにも入口はない。


とりあえずの危険はないようだ。

ふーむ ふむと壁に付いているソレを観察。

私の記憶ではたしかこの中に幼虫が入っているはず。
子供の頃見たことがある。


このままにしておいてはいかにもマズイ。

成虫になると危険は私達のみならず、
アゲハの子にも及ぶ。



なんとマァわがベランダはいきものの宝庫であることよ。

と感心しつつ、カナヅチでコン、コン、なかなか取れない。
まるでコンクリートのようだ。

DSCF4228.jpg




後日
ふと見ると、
手すりの部分にコンクリートがボトッと落ちてきたような
跡がそこかしこにある。

思わず上を観て、ハッと思いついた。
スズバチはここで土をこねていたンだ。

集めてきた砂に唾液を混ぜて、少しずつ巣を作った。
その中にたまごを産み、入口を閉じた。




自然の営みとひとくちに言うけれど、
いきものは皆、子孫を残すためにのみ個体の一生を終える。


海棠桜(かいどうざくら)が枯れてきたので抜くと、
カナブンの幼虫がワンサカでてきた。
やっぱり!


彼らを害虫と言わざるを得ないことに、
少しばかり心傷む日であった。

(玉麗)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。


水墨画・墨彩画 玉麗会
http://gyokurei.com/

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1427-beaab20a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索