FC2ブログ

絵を習いたい方へ

「絵・書・音楽・その他この世の森羅万象どれを取り上げても、
好きと嫌いの2つの世界に分かれると思います。
評論家がこぞって良いと言っても、嫌いの部類に属しているものを、
良いとは思えないのです。」

という意味のことを本に書いた。
10年前に出版したものなので、今ならここをこう描くだろうにと
残念に思う箇所もあるが、当時としては精一杯の
秀作社出版からの拙書。

先日、「絵の見方がわからないもので…」と、
教室を見学に来られた方が呟いていたのが気になって、引用した。

芸術の世界だからと、難しく考える必要は何もない。
「好き」か「嫌い」でいい。

私は端正で美しい絵を好むので、
風刺が効いていておもしろいとか、
荒々しくタッチが素晴らしいと言われても、
品格のない絵に興味は持てない。

水墨画・墨彩画を習ってみようかなと思っておられる皆さん、
好きなタイプの絵を描く先生の教室へ行かれることをお勧めします。

その先生の個展で、作品をじっくり鑑賞する機会があればラッキーですが、
まずは教室へ行って、絵を見て、体験してみる。
そこで、ちょっと大袈裟に言えば、驚きと感動を覚えたら
きっと絵が好きになって、上達するはず。

何事も最初の第一歩が大切です。

http://hw001.gate01.com/gyokureikai
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索