FC2ブログ

ごんぎつねを知っていますか?

絵本、好きでしたか?

今も、好きですか?




梅田阪急で開催中の
黒井健さんの原画展に行ってきました。


黒井健さんといえば思い浮かぶのは、
「ごんぎつね」。


あるいは、「手ぶくろを買いに」なら
ピンとくる方もいるかもしれません。


どちらも、新美南吉さん原作の
きつねのお話。




絵本って、
その名の通り「絵」もとても重要な役割を
担っています。

誰が絵を担当しているかによって
その絵本のイメージも大きく変わります。



「ごんぎつね」も「手ぶくろ買いに」も
黒井健さんの絵が見事にお話の世界と
融合していて
私にとっては黒井さん以外、考えられません。




海外の小説を読む場合も同じですが
翻訳者によって言い回しやニュアンスが違うので、
同じ本でも別物になったように
感じます。




誰でもお気に入りの絵本が
あるでしょう。

私にもあります。

いくつかありますが
とても大好きな絵本は、

「しろいうさぎとくろいうさぎ」


有名な外国の絵本です。


この絵本は、内容もさることながら
少しリアルなタッチのうさぎの絵が印象深く、
「うさぎ」「森」「甘く切ない感じ」・・・
これらのキーワードが隠れた幻想的な世界が、
私の創作の原点に近いかもしれないと
考えています。


本当に好きで、子供のころ何度も何度も読みました。

好きな本や絵や音楽など、何でも好きなものって
とくに子供のころはスポンジのように吸収して
体の細胞の一部になったような感覚さえ
おぼえます。






数年まえ、
帝国ホテルのギャラリーで親子展を開催しました。

テーマが「干支」。


このとき、
白と黒の2羽のうさぎの絵を、
この絵本のオマージュとして描きました。


この絵は、気に入って頂いた方がおられたので
いまもう手もとにはありません。






久しぶりに、
圧倒的な吸引力のある一級品の絵を観て
私の体の血がきれいに走る感じ、
とても充実した気持ちになりました。

黒井健さん、ありがとうございます!

(雪)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。


水墨画・墨彩画 玉麗会
http://gyokurei.com/




Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1397-8e36f2a7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索