FC2ブログ

字の不思議

「ちょっと、「あ」って書いてみてください」


こんな私のひとことから始まった、
字に関するトーク。




私は、これまで学校の授業で習う以外に
習字や書道を勉強したことがありません。


だから、私の書く字は独学?といえます。


よく、「絵心がない」という言葉を聞くように、
私のようないわゆる独学の多くの人は
少なからず自分の字にコンプレックスを抱いています。


私も、自分の字を「ヘタだ」と認識しています。






冒頭の会話に戻りますが、


「あ」という字を書いてもらったのは、
Mさん。

かなを習っておられたそうです。
繊細で丁寧な字。


なぜ、「あ」なのかというと・・・・・
ひらがなってとても難しくないですか?

バランスが絶妙で。

自分の名前、「ゆ」も「き」も苦手。
漢字の「雪」も苦手です!





Mさん「でもね、書道の腕があっても、普段書く字がうまいかというと
    そうでもないんですよ」



ええっ そうなんですか。



でも、たしかに思い当たるフシがあります。


・和紙に筆で書く書道
・用紙にペンで書くふだんの字
 (いわゆるペン字)


違いがたくさんあります。



ゆき「それは、大きなスゴイ絵を描く人が必ずしも
   チャチャッっと犬や猫のイラストを描けるかというと、
   そうでもないというのと似ていますね」



別物ということです!




考えてみれば当たり前かもしれません。




Mさん「ペン字のようにきっちり字のかたちを習うならともかく、
    書とは違うので、ふだん書く字は
    その人のこれまでのクセや個性が出ますね」






だから、
「字」にしても「絵」にしても
コンプレックスを持つことはまったくないのです。


自分の書く(描く)もので満足できればそれでいいし、
『ちゃんと学んでみたい』と思えば
習ってみればよいのです。




私も、今さら自分の字が変わるとも思えないので
「ま、読めたらいいか」と大目に見ています。

(雪)

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。


水墨画・墨彩画 玉麗会
http://gyokurei.com/



Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1384-721e1a7e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索