FC2ブログ

桃。

この麗しく、芳しき、類い稀なる美貌の果実よ。


古事記にも記載されている桃の実の呪力は、

人間が憂い悩む時、救いの手を差し伸べてくれると言う。



そういえば、

初めて目まいに襲われ、10日間寝込んだ時、

私の飢えと乾きを救ってくれたのが、

桃であった。


それ以外、何も喉を通らなかったのだ。




しかし、桃の実は夏にしか手に入らない。

いや、それだからこそとも言えるのだが。




2年前、

母校で墨ライブを行い、

その時友人に桃を手に入れて欲しいと言っておいた。



フンパツして、3箱も買った。


8月の1番暑い日、

私は1リットルくらい汗をかいたように記憶している。



帰路、サービスエリアで休憩時

“そうだ、桃を食べよう” 

となった。



クーラーボックスの中に氷と氷の融けた水がある。

その中へ1分くらいつけてバシャバシャと洗った。


そして

スタッフ1人ずつに手渡すと、“おおっ” と声が上がった。

それほど大きかったのだ。



皮をむき、ガブリッ。

またしても、“おいしーーいっ!!”

皆一斉に声を放ち、あとは “むむっ” とうなり声のみ。



あの時の桃は格別であった。







桃よ、桃。


うっとりと甘きあの実が届く日。

その日はいつか、果たして来るのか。


待ちきれず、今年も又

桃を買う夏。

(玉麗)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。


水墨画・墨彩画 玉麗会
http://gyokurei.com/

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1333-0a83c661

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索