FC2ブログ

大当たり!自作自演

またもやオデコに大きなタンコブを作ってしまった。


娘に言わせると、
オデコが広いから、逃れようのない悲劇なンだそうだ。

またもやと書いたが、
もうそれは5年以上も前のことで・・・・・・・・



私はその日、頭痛がひどかった。
それなのに突如、悲劇が襲ってきた。

二重苦のせめぎに合ったせいか、頭がボウッとして
どこを打ったのか判断がつかず、
とりあえず冷やすことを考えた。


アイスノンを出して、頭の上にのせたら
痛みのスイッチが切れたみたいで、
何となくおさまってきた。


夕方、買物に出た時
信号が赤で立ち止まってふと頭部に手をやると
ぷっくりふくれていたのは頭部ではなく・・・・
オデコであったという話。



その後も何度か、オデコは悲劇の主人公になったが
タンコブにまでは至らなかった。

今回はかなり痛かった。

相手は木製のテーブルの脚である。
頑丈なものではあるが、長さは40センチ足らず。
普通ならタンコブの原因にはなりようのないモノだ。

テーブルの大きさは70センチ×120センチ。
転びでもしない限り、私の額と接触することは
まず無いと思えるが、
それがタテに立てて置いてあったら・・・・・・


充分に凶器になる。


テーブルは不要品として、ベランダに出されていた。

つまりその辺りで、
不用意にゴミを拾おうと屈んだりしたら、
立った瞬間ゴンッ となる可能性大いにアリだと、
チラッと頭をよぎってはいたのだ。


結果、やはりその通りになった。


テーブルを出したのは、私。
立てて置いたのも私だ。
そして被害者も他ならぬ私であった!

やはり悲劇というべきか。



5年前は頭痛のせいで、
どこを打ったかよく認識していなかった。

今日は即オデコとわかったから、迷わず処置を施した。

アイスノンではない。
「ロキソニン経皮吸収型鎮痛・抗炎症剤」。

早くいえばシップ薬を貼ったのだ。


赤いタンコブが、衝撃のほどを物語っている。
シップ薬から絆創膏に貼り替える必要がありそうだ。

(玉麗)


水墨画・墨彩画 玉麗会
http://gyokurei.com/


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1311-a4eda4e5

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索