FC2ブログ

香りにつつまれて

南側を開けると
ベランダから芳しい香りが、なだれ込むように入ってくる。

甘夏レモン、ニオイバンマツリ、サフィニアの花達が
芳香を競い合っている。

DSCF3609.jpg
ニオイバンマツリ

NCM_0010.jpg
サフィニア

DSCF3631.jpg
レモン


香水はかなり以前から “ごめんこうむりたい” 状態だが、
この生きている花々の放出する香りには、
いつまでも包まれていたいここち良さがある。


今日レモンが1本届いた。
1.8メートルがあろうかと思うほどの大きさ。
花もいっぱいついている。
当分の間、ベランダへ出るたび
花の香りを纏い続けられることだろう。



今年産まれたアゲハの幼虫、クロムシが
日を追うごとに大きくなってきた。

去年の葉を食べ尽くしたような木から
小さな芽が出ている。


そこに群がっているから
ほんの少ししか食べないようでも
もうほとんど葉のない状態になった。


シークワーサーは強靭な木で、
丸裸になっても又芽が出てくるが、
レモンは枯れてしまう。

何だかかわいそうになってくる。
ゴメンネというしかない。




風太が目を覚ましてベランダへ出てきた。
上の方に顔を向け何やらフンフンと嗅いでいる様子。

犬にも良い香りが判断出来るようだ。


そこへどこからか悪臭が漂ってきた。
するとそそくさと部屋の中へ入り、
外に向かってワンとひと声。

私の代わりに抗議しているつもりか。
そうなら良く出来たヤツだと言いながら
私も退散し、慌ててガラス戸を閉める。


幸いなことに部屋の中は
花の香りで満ちていた。

(玉麗)


水墨画・墨彩画 玉麗会
http://gyokurei.com/


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1277-9763a2ba

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索