FC2ブログ

複雑な思い

私と同じ境遇の友人から電話があった。

「町内にね、とてもよく気の利く男の人がいて、
家の前の溝にかけてある板が壊れたって嘆いていたら、次の日修理してくれたの。
こう人ってうれしいよねェ」
「奥さんがいるでしょ、残念なことに」
彼女はアハハと笑いながら言った。
「私のタイプじゃないからネ」

とは言うものの、
その男性の奥方にはやはり気を遣ったらしく、
あとで果物を持ってお礼に伺ったとか。

次回その某氏にお目にかかった折、
「私も一応独身なもンで、奥様が気にされると困るナァと思っています」
と言うと、
「イヤー全然」
とケロッと答えられたらしい。

続きを聞くと、
某氏夫人は彼女よりさらに7歳も年下で、
“自分より年上の女は、夫の興味の対象にはならない”
と考えているみたいだ、と言う。

うーん。そうなのか。やっと解った。
どこかで聞いたような…。

彼女いわく
「ショックだったよう。
私ってヤキモチを焼いてくれる対象にはもうならないンだって、ネ」

この話を聞いて、私もちょっとばかりショックであった。
私より年下である彼女の落胆ぶりが目に見える。

「これからは遠慮しないで、男性に甘えるべし!」
彼女は逞しく宣言した。
「そうだ、その意気!
バアさんになるのもけっこう楽しいよ」

まだ自覚がないくせに、人にはこんなことを言っている。

http://hw001.gate01.com/gyokureikai
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索