FC2ブログ

トン事件

京都は観光地なので、旅行者に優しい町です。


お店の人は外国人にも慣れていて、
カタコト英語でも、とても丁寧に接している場面を
よく見かけます。






先日のこと。



友達と、あるレストランに行きました。


おもてのショーウィンドウで、
「何にしようか〜〜」
と選んでいたら、


中高年の外国人カップルがやってきました。


同じようにショーウィンドウを眺め
2人で相談しています。


お店の女性が外国人のもとへやって来て、
あれこれ話をしています。


どうやら、和食のメニューを指して、
どんなものなのかを尋ねている様子です。



私たちがお店に入ろうとしたその時、



「イエス、ピッグ!ピッグ!」

という店員さんの声が聞こえました。



(ああ、豚肉の料理を説明しているのかな)

と思った矢先、



「はい、ピッグです、 トン!





トン!!




それを聞いた私は思わず声に出して、
「あははは」と笑ってしまいました。




するとその店員さんも、あららしまった、という感じで
つられて笑い出し、
私たちはしばらく笑いが止まりませんでした。



外国人のおじさんは、キョトーン。(豚?)




そのあと店員さんは照れくさそうに、
お店にいったん戻り
あとに残された外国人のおじさんは
私に目をつけたのか

「ドゥーユースピークイングリッシュ?」

と聞いてきました。

おもしろそうだったので話をしてみると、



おじさんの気になっていたのは、トンカツ。(トン!)


トンという説明では納得がいかなかったのか(当たり前か)
私に、これは何だと聞いてくるので、

もう一度「トン!」と言ってみたろかと思いましたが
こみあげる笑いをこらえ、しかし自信満々に

「ポーク」と言いました。




(正解やんな・・・ポークやんな?)



しかしおじさんはまたもや、キョトーン(豚)。



ええ!?発音のせいかと思い直し、
アールの発音を大袈裟に、


「ポーォク」

言い直しました。



しかしおじさんのビー玉のような眼球は
ハテナのオーラに包まれています。


そして次に放った言葉が


「ブ〜タニク〜?」



なんやそれ!

完璧な日本語じゃないですか。



仕方ないので私も

「イエス、ブ〜タニ〜ク!ザッツライト」



何を言ってるんだろう私と思いながらも
その後、友達とお店に入りました。


ふと聞こえたおじさん達の会話は、
英語には聞こえませんでした。
どこの国の人たちだったのだろう。



「ポーォク」

が通じずがっかりでしたが
でも、

「トン!」

のおかげでしばらく楽しい気分が続いたのでした。


(雪)

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://gyokurei.com/


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。




Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/1243-f644b792

Comment

yoshi | URL | 2013.04.03 22:33
あはは、面白いお話をありがトン!
私も自分より滑舌の良い日本語を話す
外人にびっくりしたことがあります・・・
雪 | URL | 2013.04.04 20:02
yoshiさん

いつもコメントンをありがトンです。
滑舌のよい大阪弁を話す外人は、
なにかちょっと笑ってしまいますよ!
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索