FC2ブログ

本と出会うと

おもしろい本を見つけた。

おもしろいというより、スゴイなあと。


文体・内容から溢れるものは、軽くない。
それでいて、フッと笑わせる。

著者は、
男性だろうと思わせる。
私よりもちろん年上に違いない。


そのことごとくを裏切られ、
ウーン
とうなってしまった。

(タイトルだけ読んで、作者の名前を見なかった)


その作品のひとつに
「西の魔女が死んだ」
がある。

偶然にも私は、その映画(ビデオ)を見た。

たぶんこの人が原作者であろう


梨木香歩
1959年生まれ。

本の題は、「家守奇譚」

短編だから、すぐ読んでしまうが
この作家の本をいろいろ読んでみたいと思う気に
させてくれる。
楽しみが1ツ、増えた。



私は今眼が不自由で、
左眼は色彩ははっきりしてきたが、いまだピントが合わず
ピントが合っている右眼は
(顆粒状変性の手術がまだなので)
うっすら、もやがかっている。


それでも、絵を描く。

本を読む。

教室で、添削もする。


少々おかしななおし方をしても、お許しのほどを、
と思いつつ。

しかしご心配は無用。
経験が、抜かりなく手を動かせておりますので。


要は、“やる気” のあるなしで、
気合いが入ったら、
このヒトはガンバれるのですから。


DSCF2240.jpg



奇異なものがたりを読みつつ、
このシーンは絵になる、などと、
職業的意識が萌え立つあたり、
気合いが入って来た証拠ではないかと・・・・・。

(玉麗)



水墨画・墨彩画 玉麗会
http://gyokurei.com/


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索