FC2ブログ

姫たちの物語はつづきます

談山神社展での屏風絵には、ストーリーがあります。
まだムービーは配信中なので、
みていない方、絵の余韻を味わいたい方はどうぞ。



「四季の姫4姉妹と神獣たちの物語」


これは、序章となります。


屏風絵について、すこしエピソードを・・・。


昨年、談山神社での展覧会が決定してから
どのような内容にするか
玉麗先生は思案しました。


神社だから、屏風はどうだろう。

そして、テーマは「姫」が出てくる絵がよいと、
すぐに決まったそうです。

4姉妹、四季にまつわる姫君、
神様の娘たち、
お供の動物たち・・・

(4枚の神獣のうち、冬の絵の白狐だけは、私が提案しました)


アイデアがまとまると、
かたちにしてゆきます。


大きな絵は時間が制作に時間がかかります。
でも、構想、下図はもっと時間がかかります。

屏風絵がすべて完成してから、今度は、
その絵の物語をつむいでゆきました。

(この頃、雪は作品制作で血と汗と涙を放出していました)

この物語が、予告ムービーの原案となった
序章の部分なのです。



会場で、この序章の部分を文章にして
屏風絵の横にパネルで置いておきました。

それを読んだ多くの人が、
もともとそのような物語が存在して、
(故事などとして)
それに合った絵を、玉麗先生が制作したのだろう
と思っていたようです。


いいえ、屏風絵もこの物語も
玉麗先生のオリジナルなんですよ、
と言うと、みなビックリしていました。

「玉麗先生、文才もあるんですね!」
と言ってくれたり。

中には、姫1人ひとりに、テーマ曲はないのですか?
と言う人もおられました。

玉麗「いえいえ、音楽のほうはだめで」

雪「では私が」


・・・というのは冗談としても、
この物語のつづきを玉麗先生は書き始めました。
(絵ではなく、ストーリーです)

続きはまた、ブログで紹介していきますので
どうぞお楽しみに。



そういえば、展覧会の初日であった、
11月1日は、「古典の日」でしたね。




(雪)

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。



プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索