FC2ブログ

ビンボーな花見客

3回目のお花見に行った。
風太も連れて、大川端をそぞろ歩き。

ところがわが家の犬は、人が多いと迷惑そうな顔をする。
マア顔はあまり変化ないのだが、態度が明らかにうれしそうでない。
私の後をトボトボ歩き、少しでも人がいない方へと行きたがる。
そのくせ何か食べ物があると、とたんにうれしそうに寄ってきてチンと座る。

“セーヌの畔”というパン屋がOAPに開店した。
けっこうおいしいが、めっぽう高い。
マアたまにはいいかと件の店で菓子パンを求め、帝国ホテルの庭園のベンチで頬張った。

あっちでもこっちでも花の下の宴が賑やかで、
歌に合わせたり、太鼓やかねを鳴らして踊っている人達もいる。
とても楽しそうで、見ている方も思わず笑顔になる。

帝国ホテルから川沿を西へ行くと広場があって、
たくさんの人達が円形になって何かを見物している。
私達も寄って行くと、パントマイムで笑わせる大道芸であった。

見物客の中から4人を募って、その人たちを助手のように使ってのパフォーマンス。
なかなかおもしろい。

おじぎをして帽子を取ると、頭の上にフィナーレと書いてある。
音楽が一段と高くなり、最後の決め技が出る。拍手喝采。
終わると少し控え目に、そして笑いを取りながら、見物料をお願いしますとマイクで言った。

通天閣の歌姫という人がいて、お客の中には、
1万円をレイにして首からかけてくれる人もあるという話を、新聞で読んだ。
とてもそんなことは出来ないが、ポケットに1枚だけあった千円札を入れてあげた。

「お札をありがとうございます」という声を聞きながら広場を後にした。
橋を渡ってぐるっと回り、帰路につく。
途中おいしそうなものを売っている店がいっぱい。
けれども、家を出る時2千円しかポケットに入れてなかった。
パンを買ったら740円。高い!

私達のこの日の全財産は、残り260円であった。
これじゃあ何も買えません。

http://hw001.gate01.com/gyokureikai/



プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索