FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観音様の完成

屏風(1.8m×1.8m)を描いていた時、
眼がよく見えていなかったので苦労した。
1年ほど前のことだ。


今年は観音様で立ち往生してしまった。

屏風に比べればずっと小さいが、
30号なので、今回の新作の中では一番大きい。

技法で悩み、色彩に迷い、紙もいろいろ変えてみた。



この絵は、
依頼されて描いたもので
依頼人のもとにはもうすでに1枚の絵がある。

椿の若木の横でその花を持ち、
依頼人Sさんの方へ歩み寄ろうとしている観音。

顔立ち、体型は若やいでいる。



その後2000年を経た像を、というのが
今回課せられた制作テーマであった。



懊悩する私に娘がポツリと言った。

「2000年経っても、観音様は変わらんと思うけど・・・」



このひと言で、霧が晴れた。




時の流れは、墨に託した。
(前回は彩色だった)

椿の木は枯れ、切り落とされて、
その切株に半跏思惟(はんかしい)のポーズで座する。
切株から1本、蘖(ひこばえ)が出ている。


半跏(はんか)とは、結跏(けっか)の半分、
半分だけ足を組んでいる様。
思惟(しい)は、「思いをめぐらせている」
との意。


つまり、少しリラックスしている像のこと。


光背は前の絵にはなかったが、
薄めながらピシッと入れた。

とたんに墨のみに観音は生気を与えられたように、
輝いて見えた。



完成!


私の画歴上、一番迷いの多かった絵が
出来上がった。

(玉麗)

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://gyokurei.com/


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

スポンサーサイト
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。