FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍信奉

ほーら、やっぱり龍だョーッ。

稲妻と雷鳴、スコールのような雨。


龍でなきゃ こんなこと出来ない!!



アメリカでは、進化論ではなく創造論を信じる人々がなお多く、
それは熱心なキリスト教信者であるという、
池上彰のテレビを見ていた私。


ならばという訳ではないが、
龍信奉者がいてもいいじゃないか。

それも自分が描いた龍がやって来るという、
とても都合のいい話。

昔は稲光と雷が怖かった。
今は、龍だ龍だと喜んでいる。



龍は、私がベランダを少しでも涼しくしようとして
苦心惨憺、汗を流している様子をみて、思ったに違いない。

「母さん、ボクが雨を降らせて涼しくしてあげる!」

大きな目玉の片方を ニッとつぶっているかもしれない。
真っ黒になった空の彼方、龍のしっぽが垣間見えた気がした。



私はいつか、龍のおとぎ話を描きたいと思っている。
“書く” ではなく、“描く”。

パフォーマンスで描く龍は、円光寺の龍の分身みたいなものだ。

そして、時々、台風でも降らせなかった激しい雨を連れてくるのかも。


そして、それはなぜか私の家のある大阪周辺に降ることから、
やっぱり 龍だョーッ となる。


それにしても 今日はずいぶんと
はしゃぎ回っている。




*******************************

↓☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆↓

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/


*******************************
スポンサーサイト
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。