FC2ブログ

ダーウィンが来た

「ダーウィンが来た」でディクディクを見た。
鹿のように見える動物だが、牛類らしい。
牛とは、一体どこが?と言いたいほど似ていない。


牛と鹿との違いは、角の形によるという。
鹿の角は先で枝分かれしているのに対し、
牛類のそれは、まっすぐ伸びる。
ディクディクは体長60センチぐらいなので、角もかわいい。
子供はバンビそっくり。


長い脚、筋肉質なもも、それを最大限利用して、
薮の中を走り回る。
ギュンと曲がる。
飛び越える。


5メートルも跳躍するシーンをスローカメラで捉えると、
その走りは豹にも似て、後ろ足は体より高く後方に跳ね上がっていた。


じっと前方を見つめ静止すること、1時間にも及ぶ。
それによって風景に溶け込み、画面からディクディクの姿は消えた!
猛獣もやってくるのに、
その危険はどこで察知するのかというと、鼻。
左右上下にピュクピュク動く、ピョロと伸びる。
その様子に、思わず笑ってしまった。


両親が1匹の子を大切に育てる。
縄張りがあって、子供がうっかり他の陣地へ行ったら、
その主に追っかけられる。
すると、父親が助けに出るので追い詰められることはない。


3匹が200メートル四方のテリトリーで仲良く暮らしているが、
半年経つと旅立ちの時を迎える。
今まで優しかった父さん母さんは、子供を追い出そうとし、
子供の方は戸惑いながらも、別の薮を捜し、
伴侶を見つけ、新しい縄張りを作る。


動物は逞しい。
野性は素晴らしい。
人間は、ここ数年で弱くなり過ぎた。

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索