FC2ブログ

お願い

体のどこかが故障すると、あっちこっちに飛び火する。

車でいえば、電気系統か。

車なら部品交換が可能だが、
人間の、神経系統は今のところ代替品がなり。



左手のビリビリが右足の方にもやってきて、
ちょっとした拍子に、お皿の少し上の方がビリビリーッとくる。


あーッ もうっ!!

このヤロー!(とは言っておりませんが)


こうなったら、受けて立つゾ コンチキショウ!(と 思っております)


矢でも鉄砲でも持って来ーい!(ちょっと古いか)




なんてことを書きながらも、立つ時は恐る恐るそうっと。

ア、ビリッと来なかった、ヤレヤレとスタスタ歩き出すと、
来たーっ。




左手のように、常時付議会いが続くことは今のところないので、
もう医者巡りはやめようと思う。





“年を取る”ことを全身で拒んでいるのかもしれない。

孫のいない私は「バアちゃん」と誰も言わないので、
まだまだ若いつもりでいたのだろう。
(くちでは受け入れているようなことを言いつつも)


けれども、人はみんな仲良く一斉に老けていく訳ではない。
ある人は内臓が、誰それは耳が、眼が。


早い人もいるし、幸運人もいる。

そして私は、神経が弱かったのだ。


顔が極端に老けていく人もいるだろう。

どれも全部、イヤだけど、拒否出来るものではないと、
思い知った。




医者通いで防げるものとそうでないものがある。

こんなことを書くようになったのだから、酷使しません。
あと少しの間、私の体サン、
何とか動いて下さいマセ。



プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索