FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かがこうさせる

堺雅人。
私のように芸能界に疎い者でも、
「篤姫」の家定以来、この名前を知るようになった。

テレビドラマ「ジョーカー・許されざる捜査官」に出演している。
この2ツ以外でも、DVDで2本観た。

カッコつければそこそこの2枚目だろうに、
いつも笑っているのか泣いているのか、判じ難い表情で演技する。
だからかえって今どきのイケメンとは一線を画するが、
幼く見えたり、老け顔になったり、
奥二重の目元には、クッキリ皺もある。

長身でモデル出身の、演技も上手い俳優もいるにはいるが、
総じて早く消えてゆく。

その点、体型にやや難のある人の方が、
努力するからだろうか、息長く視聴者を楽しませてくれる。

どの世界に在っても、ひたすら努力を惜しまない人と、
美貌や才能だけを頼りにする人とでは、
明らかに大差がつく。

昔、東京へ修行に通っていた頃、
新幹線や飛行機の中でたまに、芸能人と会った。

一般の人と、ほとんど変わらないさりげなさで座っていたが、
歩き出すと後姿からはオーラが見えた。
さすがに、いつも見られている人であると感心したものだ。

中にはひどく小柄な人もいた。
ふと足元を見ると、靴底が高かった。
ガッカリするはずだろうに、後姿はやはり、
“いつも見られている人”の風情であったのを思い出す。

堺雅人も、決して“背が高くて、カッコイイ人”ではないが、
あの独特の演技に嵌められて、
週2回テレビを観るようになった。

スポンサーサイト
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。