FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読む

『排出権商人』
という本を、同級生が持っていた。

「ナニ? ソレ」
と聞くと、
「芸術家には不向きかもしれないけど、読んでみる?」
と貸してくれた。

のっけから、
“国連気候変動枠条約”だの、“京都議定書”だのと、
なるほど私の日常や仕事からはほど遠い言葉が並び、
“地球温暖化の影響が最も深刻な小島嶼(しょ)諸国”
に至っては、見たこともない漢字であった。


経済・環境用語集というのが(私のようにオンチな者用としてだろう)
付いている。

まだ4分の1ぐらいしか読み進んでいないので、
何とも言えないが、
「温暖化防止の美名の下で生まれた新しい国際ビジネス。
利権に群がるしたたかな商人たち…」
と、本の帯には書いてあった。

このテの読者は、たぶん男性の方が多いだろうが、
“オッサン”と娘から言われだして久しい私には、
けっこうおもしろく感じられる。

自分が経験出来なかったこと、これからも絶対ないであろうことを
本の中で追体験しつつ、
いかに狭い世界で生きているかを知る。

しかし、
その小さな世界が、私の最も住みやすい所であることを
確認させてくれるのが、読書なのだ。
スポンサーサイト
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。