FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

額をベッドに

私達が描く絵は、墨と顔彩を使って、加工を施していない和紙に描く。
水分があるので乾くと縮んでシワッぽくなる。
そこで一般的には、厚紙の上に和紙を貼り付けた色紙を利用する。
けれどもこれは、教室で描き、すぐ飾れるように簡便にしたもので、
作品を創るとなると、こうはしない。

描き上げた絵は、表装屋に出して
きちんと裏打ちをしてもらってから、額に入れる。
サイズはいろいろあるので、既成の額に合わせて描けば額代は安くなるが、
タテ長、ヨコ長など「どうしてもこの形でないと」と拘ると、
割高になるのは当然のことだ。

今日、第一陣として何枚かの絵を額屋へ持参し、額の選定をした。
今までなら、全部描きあげた時点で取りに来てもらって、
絵に合うよう仕上げて下さいと任せていたが、
今回は少しばかり様子を変えている。

これは娘が跡継ぎとして、より多くの経験を積み重ねる一環でもある。
前にも書いたが、私はこの20年間けっこう大胆に進んできたが、
傍から見ると甚だ危なっかしいものであったろう。

娘が同じことをする必要はない。
私が学んだことは教えてやればよいことで、
私が気付かなかったことや違った分野にのみ、
彼女は、立ち向かう努力をすればよいと思っている。

ゴールデンウィークを挿むので、今回の分の出来上がりは5月下旬か?
親子展までには40枚近くなる額を、さてどこへしまっておこうか。

スポンサーサイト
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。