FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分にとっての一級品

河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)の絵を観に、京都博物館へ。

幕末から明治にかけて、この画家が活躍した時代は、
革新に満ち溢れていた。
志を持つ者にとっては、心躍るチャンスの時であったに違いない。

友人が送ってくれた本が、
その時代の謎解きをしてくれておもしろい。

本の虫というほどではないにしても、
活字の文化の中で育った私達は、
興味ある本に出会うと、夢中で読んでしまう。
年のことも考えず。

結果、肩が凝る、眼が疲れるとなるのは、当然のこと。
ゴールデンウィークも近い、ゆっくり少しずつ楽しむことにしよう。

さて暁斎展のことである。
いいナと思うのは数点あったが…
構図が良いとか、線が厳しいとか、
技巧の点では、一級であることは間違いない画家なので、
あとは好みの問題だけ。

要するに「おもしろい」よりも「美しい」を取る私にとっては、
おどろおどろしい絵は「ちょっと…」ということになる。

今まで観た絵の中で、
「おもしろい」と「美しい」とが混在している絵は、
芦雪のみであったように思う。
やはり、品格が違うのだ。

絵の巧さで師の応挙をも凌ぐと言われるが、
円山応挙の絵は、品格において揺るぎない。
「気をつけ!」あるいは「正座」をして観る絵だ。
“させられる”のではなく、思わずそうしてしまう、という方が正しい。

芦雪は、「ちょっと足が痛いので…」と言えば、
「ア、どうぞ」とニカッと笑ってくれそうな。
それでいて、観る人にアクビなどさせない
強力な磁力を持っている。

この師弟の図録は、
私の本棚の一番取り出しやすい所にある。
スポンサーサイト
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。