FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化は死なない

大阪から文化を発信するのは、なかなか難しい。
ギャラリーひとつ例にあげても、
「ここはいい」と思うところがまだ見つからない。

銀座には、あんなにたくさんの画廊があるのに…
とちょっと悔しい。

娘が師事する濱中先生は、
郷里の山口に毎月足を運ばれて、指導に当たり、
水墨画芸術を広めておられる。

私も、円光寺という私の作品の拠点が出来上がったので、
ここを中心にと思っていた。

しかし寺には宗派ごとに教義というものがあり、
寺内でお金を扱ってはいけないということであれば、
円光寺という場所は、諦めるより他ない。

建物は何であれ、維持するには管理費用が必要となる。
入館料が、たとえささやかでも入れば、
運営していけると考えていたが、ちょっと甘かった。

マア まだ5年や10年は生きていられるだろう。
その間に、場所と資金を確保しておけば、
もし私が逝ってしまっても、
娘が建ててくれるであろうと思うことにした。

いつだったか、人は2度死ぬという記事を目にした。

1度目は、本人の死。
2度目は、その人を思い出してくれる人達の死、
だそうな。

「画家はいいナァ、生きた証を絵に刻みつけることが出来るから」
と、羨ましがられたことがある。

確かに。
私が死んでも、娘が跡を引き継ぎ、
2人がこの世から消滅した後も、作品はずっと生き続ける。

娘よ、
母は偉大ではないが、
やろうとしている仕事はけっこうデカいよ。

「後はよろしく」
ウーン、この言葉、いつになったら言えるのかナァ。
スポンサーサイト
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。