FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑が欲しい

『阿弥陀堂だより』
というDVDを友人が貸してくれた。

精神的に疲れ果てた女医(樋口可南子)が、
売れない作家の夫(寺尾聡)といなかへ帰って、
少しずつ元気を取り戻すという話である。

(私にとっては)あまり楽しい内容ではなかったが、
信州の山里の四季の映像は、美しかった。

「貧乏だったから、贅沢なものは食べられなかった」
と言う北林谷栄演じる、おうめバアサンのセリフも心に残った。

しかしよく考えてみると、
おうめさんは、小さな畑で自分が食べる野菜を作り、
日々、採れたての食材を使っている。

肉や魚や珍味をふんだんに食べることは、確かに贅沢であることに違いないが
新鮮な野菜を毎日手に入れることも、都会ではかなり困難であるだけに、
彼女がトマトをもぎ取っているシーンは、感動的でさえあった。

いなかで居た頃、裏の畑で、キュウリやナスを採ってきて
そのまま食べていたことを思い出す。

あのおいしさは、今の私にとって手に入らない贅沢品である。

生徒の中には「裏に畑がある」という人もいて、
空豆、えんどうなども持ってきてくれた。
やはり店では買えないおいしさがつまっていた。

ああ いいナァ、畑を持っているヒトは。

「そうだ!このマンションの敷地は広いゾ」
と、密かに思いをめぐらす玉麗サンでありました。
スポンサーサイト
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。