FC2ブログ

気分転換

最近1人で買物に行かなくなった。
娘が車で連れて行ってくれる。
雑貨の大きな物は持ってくれる。
けっこう楽をしている。
しかし…

人間は欲深い。
さらにイイことを求めようとする。
誰かと一緒だと自由にウロウロ出来ない。
時間を決めて別行動をとっても、やはり制約される。
「じゃあ1人で行けば!」
当然こういわれるであろうけれど、
風太のおしっこシートだの、クローゼットの棚板だの、
とても1人で持って帰れるものではない。
やはり、「コーナン、行ってくれる?」と頼まざるを得ない。

さて、ある日、私は思い切って1人で出かけることにした。
一大決心のもとに!
とにかくもう半年近く、所要時間2時間以上の買物に行っていない。
このところ重たいものを持って歩かないから、キャリーが要るナァ。
あまり遠くじゃ疲れるし。
なんてことを真面目に考えているのだから、そりゃ行けませんヮ。

でも、行ってきました。
エーッこんな安いものがあるの?
ウワッおいしそう!
と、なにしろ1人なもンで、あっちへウロウロ、こっちへブラリ、
勝手気儘に歩き回り、お金はほんのちょっぴりしか使わず。

細いのでしょっちゅうひっくり返るキャリーに、
「ちゃんと歩きなさい」と独り言を言いながら、
風邪防止のマスクをつけて、帽子、マフラー、一大装備。
ちょっと怪しい人に見えたかもしれません。
本人は至ってゴキゲンの3時間ではありました。

いい日は突然やってくる

明日は娘と2人、どうしても制作に取り組まねば…と思っている。
そのために今日やっておきたいことがある。
スカイギャラリー展の準備のひとつ、買物。
私達はこの事だけをやっている訳ではないので、
また1ヶ月近く先のこととは言え、出来ることは出来る時に。
いろいろな雑事をこなしてゆく秘訣と考えている。

いつもは車で行く場所だが、しかし今日は運転手がいない。
エーイッ 私1人で行ってこよう。
そう思ったらすぐ実行できる程度に、体調は整っていた。
車で15分ほどかかる距離を、ナント、歩いて行ったのだ。

時計もケータイも携帯していなかったので、どれくらいかかったのかは定かではない。
あと5分くらいの所で、両足首が少し痛くなったものの、完歩?した。
私ってまだまだ大丈夫ナンダ!!なんて、これしきのことで感動しつつ
売場をアチコチしてお目当てのものを集めて行った。

額・レザックの枕にする発泡スチロールがけっこう大きくて、
レジで半分に切ってもらった。
これで何とか袋に入る。
我が家の買物もついでにと欲張ったら、ビニール袋が5ツにもなりけっこう重い。
これじゃあとても歩いては帰れない。タクシー代980円ナリ。
この距離って、徒歩何分かかるンでしょうネ。

久し振りにバッタリ会ったTさんに、この話をしていたら、
あとでお茶しようということになった。
同じマンションに住んでいても、そうそう都合良く会う訳ではないので、
女同士の楽しい世間話に花が咲く。
今日はよく歩いたし、みかんを3種類ももらったし、
いい日だったナァ。

楽しい作業

夜仕事をしなくなって(目が悪いため出来なくなった)、
夕食後の時間が所在ない。

教室で疲れた日はソファでグッタリしているが、元気な日だってある。
ソウダ!夜絵を描くには役に立たない目も、
こんなことぐらいなら何とかなる。

昨年まで、夏場はジーパンをはいていたのに、何を思ったか
夏色の薄手のウールのパンツを数年前に手に入れた。
しかしナヨッとしているのがイヤで、ずっと放ってあった。

ジーパンの硬さがちょっとシンドい年頃になって、
アレがあったっけと引っ張り出した。
ところが小さな虫食い穴があいている。
ウーン。

かけつぎは高いゾ、自分で何とかしてみよう。
薄いブルーなので、白がいいだろう。
ハートは可愛すぎるし、星型はチト難しい。
アレコレ考え、帽子をかぶったテルテル坊主みたいな形になった。

何の話か、手芸に興味のある方はすぐわかる。
フェルトを切って、穴の部分にアップリケ。
帽子はブルーで刺繍した。
目と口もつけた。

これだけするのに、所要時間30分。
嬉々として娘に見せると、「ア、かわいい!」とのこと。
薄いブルーのパンツ姿を見かけたら、右膝あたりをぜひ御覧あれ。
「いいですネ」なんて言って頂けると、
もう有頂天間違いナシ!!

夏の物語

マンションの理事会から、夏草取りの呼びかけがあった。
20人はいなかったと思うが、広い敷地の東・西・南・北に散らばっていたし、
早く始めて早く帰った人もいたそうだから、ひょっとしたらそれくらいは…。
とにかく、植栽理事の心配をよそに、それだけ多くの人達が集まって
小1時間、汗を流した訳だ。
いろんな意味で、心爽やかな行事であった。

ちょっとした出来事から受けたストレスで、例の目まいを起こして、2日程寝込んでいた私は、
参加出来るかどうか危ぶまれたが、何とか無事終わった。
雨上がりの曇天で、涼しかったおかげでもある。

ヤブカラシもひっこ抜いたし、カタバミもかなりやっつけた。
草ぼうぼうだった空地はスッキリ。
汗と共に頭の中もスッキリ洗われたようだ。
泥だらけになった服を洗って干す頃には、
鼻歌のひとつも歌いたくなるくらい?心が軽くなっていた。

さて1日はPL教団の花火があった。
その日、PL高校が夏の甲子園出場と決まり、さぞや賑わいを見せたことだろう。
あの地からここまでかなり離れていると思われるが、何と、ドドーンと音が響いてくる。
夏の大阪の風物となって久しいが、まだ一度も近くで見たことはない。
しかし天神祭の花火でさえものすごい音響なのに、
PLのそれは、何倍もの規模だという。
耳の弱くなった私は、もう近くへは行かない方が無難ではある。

娘は、近日、招かれて花火見物に行く。
素晴らしい立地条件のマンションから見るのだそうな。
浴衣を着たいと張り切っている。

檸檬の木は幸せを呼ぶ?!

「日常にちょっとしたワクワク感を見つけると、人生は何倍も楽しくなる」
新刊のキャッチコピーであったような気がする。

その、ワクワクが又やってきた。
アゲハが我が家の20センチにも満たないみかんの木に、卵を2個産みつけた。
このみかんの木は、グリンに全部食べられて丸ハダカだったのに、
いつの間にか元通り葉をつけていた。

しかし今回は、2匹の(今は2ミリ程度の黒虫の状態だが)
青虫が、せっせと食事に精を出すようになる。
とても足りないと判断した私は、近所の花屋に電話した。

「柑橘類は檸檬があるだけヤけど…」
上等です!!
早速明日ソレを買いに行くので、取り置きして下さいと頼んでおいた。
嬉しいのはこのせいでもある。
実は以前から、檸檬の木がほしかったのだ。
でもナァ…
2代目のグリン1・グリン2にモリモリ食べられたら、
はたして檸檬は実をつけるのか?

こんな悠長な悩み事を楽しんでいるのには、訳がある。
本日、ついに全作品完成したのだ!!!
しかもすでに額装された状態で、アトリエに揃っている。

「作品展は2ヶ月以上も先のことなのに、もう制作終了ですか!
早速明日から、案内状などにとりかかりましょう!」
ギャラリーのオーナーは驚きながらも、嬉しそうであった。

盛況を祈りつつ、広報活動が始まる。
忙しくなる。
皆さん どうぞ御協力下さい。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索